しゅふときどきプチオタ

子育てベースでときどきプチオタネタを投入します。

幼児科が休講のまま退会になった話

やる気のなくなった息子の「練習するのが面倒」という気持ちと格闘しながら、なんとか練習をする日々が続いていました。

そして2月には無事グレード試験を受験。

いよいよ発表会の練習が本格化するぞ!と思っていた矢先、コロナの影響で休講になってしまいました。

レッスンが休講になった後の子どもの様子と、幼児科を終えて親である私の思いを書いてみました。

f:id:hana5ing:20200911084425j:plain

レッスン休講による影響

練習する意欲を失う

コロナの影響で3月から教室が休講になり、3月の春休み中に予定されていた合同練習が中止。発表会はひとまず5月に延期されました。

最初は2週間程度休講するという予定でした。

やる気のない息子をなんとか、幼児科の期間(4月まで)がんばろうと言って練習させていましたが、レッスンがなくなってしまったために、練習する意味をなくしてしまいました。

レッスンがないから練習しないという息子。

私も、レッスンがないのに頑張って練習させることに疲れてしまい、練習させる意欲がなくなってしまいました。

子どもに「練習したら?」と声をかけることもしなくなりました。

 

練習しなくなった

2週間程度の休講が終わり、再開するかなと思いましたが、再び休講。

レッスンが休講になってから、2週間近く全く練習していません。

「再開したら全然弾けないかもしれない!」と少し焦り、2週間ぶりに弾かせてみたところ、案の定弾けなくなっていました。

これはまずい。
それからはレッスンの再開を願って練習の声掛けを再開しました。

 

本人も弾けていた曲が弾けなくなっていたので、不安になったようです。
私に言われたら練習するようになりました。

久しぶりの練習だったので、1回弾いただけではできません。
でも、できなかったところも、繰り返し練習するとできるようになります。

息子は「練習すると上手になるんだね!」なんて言っていました。
もっと早く気付いて欲しかったぜ。

再開の見込みがないまま、レッスンでやっていた曲と発表会の曲の練習を続けました。

 

再開できないまま修了

4月上旬に緊急事態宣言が発令。

宣言が出された翌週が再開予定日でしたが、レッスンは再開することはなく、全日程を終えることになりました。

ついに、練習は必要なくなってしまいました。

そして、5月に延期されていた発表会は、あらためて中止が決定されました。

 

退会の最終確認

休講のまま幼児科が修了することになり、進級について最終確認されました。

子どもの様子を見たり、子どもの今後を考えたり、先生から勧誘を受けて子どもの気持ちが揺らぐのを見たり…色々とありました。

思わぬ形で突然幼児科が終わってしまい、こんな形で退会の最終確認をされるとは思わず、少し焦りました。

ついに終わるんだなとしみじみしたのを覚えています。

 

レッスンできなかった分の対応

費用

ヤマハ幼児科の2年目は、年間40回とレッスン回数が決められています。
しかし、今年度レッスンできた回数は34回でした。

レッスンが再開できないので、34回で幼児科2年目が修了。
支払い済の費用は、返金されることになりました。

 

教材

子どもの使用している教材は、まだ3曲が手づかずの状態で残っていました。

中には、私が個人的に好きだった曲もありました。
子どもが弾くとどうなるんだろう?と楽しみにしていたので残念です。

ホームワークの方も残っていて、宿題も出されたままです。
添削されないまま終わってしまいました。

宿題を出されたときは、これが最後なんて思いもよりませんでした。

ぷらいまりーもホームワークも、やっていないページを残したまま終わることになりました。

 

親である私の個人的な想い

ぷらいまりーを最後までやって欲しかった。
ホームワークも全部やって欲しかった。
最後は先生やお友達と一緒に写真を撮って「お疲れさま!」って言いたかった。

それが正直な想いです。
仕方ないことだとはわかっていますけどね。

 

私にとって、ヤマハの幼児科は少々つらい思い出のある場所でした。

そんな私が親の立場で改めて幼児科を受講する中で、「こんなことやってたんだ」「この曲はこんな意味があったんだ」など、たくさんの発見がありました。

幼児科のレッスンでは、子どもと一緒に音楽に合わせて体を動かすことがありますが、息子はとても楽しそうにやっていました。

それを見て、自分も(自分の親と)やりたかったなと思ったりしましたが、親としてレッスンに同席させてもらい、気持ちが浄化された気がします。

1年目の座って受講するところから、両手で弾くところまで、2年間よくがんばったと思います。

 

息子はヤマハを退会することになりました。

もうピアノは弾かないと思います。
それがちょっとさみしくもあります。

将来、少しでもヤマハが思い出に残っていると嬉しいけど、どうかな。

 

息子よ!ありがとう!
2年間お疲れ様でした。