しゅふときどきプチオタ

子育てベースでときどきプチオタネタを投入します。

セイバー第26章 私的感想

仮面ライダーセイバー第26章「深き闇、剣と共に。」の私的感想です。

f:id:hana5ing:20200915163017j:plain


盛りだくさんな内容でしたが重い回でした…

賢人無事だった!?

まずは、賢人が復活!
これは純粋に喜ばしいことでした。

上條さんは闇に飲まれる…と言っていたかな?ちょっとうる覚えですが、賢人が斬られて消えたのは、闇の世界に送られたということだったようです。

そして、その闇の世界では賢人はどんな方法を使っても世界は救えない、世界は滅びる運命にあるということを知ります。

あんなに残酷な場面をずーっと見ていたということですよね…キツイですね。もう希望が持てないのもわかります。

世界の崩壊を救うためには聖剣を封印するしかない、そのためにカリバーとなって現れたということでした。

闇黒剣は上條さんが飛羽真に「お前に託す…」と言ったあと、煙に消えたので玲花さんが回収してマスターロゴスが管理しているのかなと思っていましたが、賢人が持っていました。ここのつながりはまだよくわかりません。

聖剣を封印するという賢人に対して、聖剣は封印されては困るという玲花さん。ここも対立していますが、マスターロゴスがどこまで読んでいるかというのも未知です。

 

マスターロゴスはあいつ

そのマスターロゴス。顔出し回となりました。

飛羽真がサウザンベースに侵入した際に禁書の書庫まで案内した人、そしてストリウスを禁書の場所まで連れて行った人。

その正体は元お寿司屋さん。あんなに爽やかに世界を守っていたのに、相当ヤバいやつになっていました。

印象としては、スティンガーの兄貴と同じくらいのやばさを感じました。力に魅入られたイケメンは大体あんな感じになっていくということなのですかね。

ソードオブロゴスの方々はあんなトップでよくやっていけるなと思いますが、直近の部下が玲花さんとなると…まぁ仕方ないか。

 

最初の5人

ユーリの説明によってワンダーワールドにいた最初の5人がわかりました。世界をつなげた女性、マスターロゴス、タッセルさん、メギド3名でした。

世界をつなげた女性というのはルナちゃんが関係していそうですが、ソフィアさんも関係ありそうな気がしています。サウザンベースはマスターロゴスがいるし。

また、今までよくわからない存在だったタッセルさんはワンダーワールドを守っていたことがわかりました。なんかの本のしおりだと思ってたけど違いました。

対してソードオブロゴスを束ねるのがマスターロゴス。

タッセルさんがマスターロゴスに会いに来ていましたが、なんか速攻で消されてしまいました。どういうこと?本に取り込まれたの?

タッセルさんがいなくなるとワンダーワールドもどうにかなってしまいそうな気が…

メギドとタッセルさん、ユーリは同世代的な感じでマスターロゴスだけ代替わりしているのかなという感じですが、賢人くんパパがカリバーになったときに既に今のマスターロゴスが裏切りを始めていたということになるとマスターロゴスが若すぎる気もするけど…ま、いいか。

今回、メギドはちらっとしかでませんでしたが、始めの5人だったときからメギドの3人はずーっとメギドとして全知全能の書を云々と長いことやってきたんですよね。なんだか単純に単純に応援したくなりました(笑)。

 

聖剣を封印

闇黒剣をなぜ賢人が持っていたのかはわかりませんが、賢人がどうして封印しようとしているのかは「世界を救うため」ということがわかりました。

本当に闇黒剣で聖剣を封印すれば世界を救える?、あんなにどんな状況でも世界が崩壊しているのに聖剣封印したくらいで世界救える?とこちらは半信半疑ですが、賢人くんはそれしか方法がないと思っていて、しかもそれができるのは闇黒剣月闇だけと思っている状況です。

飛羽真が賢人と話をしようとするも、未来を見てきた賢人は飛羽真が言おうとする言葉すら先読みしてしまいます。

闇黒剣月闇によって大秦寺さんは音銃剣錫音を封印されてしまいました。

音銃剣錫音は復旧するのに時間がかかってスラッシュの登場も遅かったのに、また使えなくなってしまいました。この大秦寺さんの場面…つらくて泣きそうでした。

剣士との対立と封印を進める賢人。

カリバーはサーベラを圧倒します。封印みたいなことされていました。冒頭で「光の剣は厄介」とも言っていたので、煙に対抗できるのが闇黒剣月闇と最光かもしれません。

 

プリミティブドラゴンの先

飛羽真は賢人に気持ちが伝わらないこと?同じ思いなのに一緒に進めないこと?色々な思いが重なって絶望したように見えました。

飛羽真が変身すると賢人は消えてしまいます。これは…逃げたのか?わかりませんが、賢人がいなくなったことで、プリミティブドラゴンの孤独感が一層増しました。

飛羽真自身の悲しいという気持ちと謎の泣いている少年の気持ちがリンクしたのか、始めて少年から飛羽真に声をかけました。

そして、変身解除しますが、今度は気を失うこともなく、どうにか気持ちを保てていました。

賢人のこともある、音銃剣錫音のこともある、プリミティブドラゴンのこともある、その中の少年のこともある、倫太郎と蓮くんのこともある…

頭が混乱しそうなくらいたくさんの問題を抱えていますが、次回プリミティブドラゴン進化するようなので、1つくらい解決するのでしょうか。

 

倫太郎と蓮くんは…

前回、ノーザンベースでの乱闘でカリバーが登場したあと、サーベラは倫太郎を連れて撤収しました。

そして、カリバーが賢人だったことを倫太郎と蓮くんに伝えたのか、蓮くんも賢人が生きていたことを知ります。

蓮くんは「すべては賢人くんのために!」というモットーでやってきて、飛羽真に攻撃するのもそれが理由でしたが生きているのでもうその意味もなくなります。蓮くんにとっていい方向に向かって欲しいものです。

そして倫太郎は、前回飛羽真との告白シーンがすごく良くて、これから一緒に戦えそうだなというところまで来たのに、カリバー登場でまた考え込んでしまいそうです。

組織に裏切り者はいない!組織は家族!という気持ちを強く持っている倫太郎ですが、あのマスターロゴスのご乱心を見たら発狂してしまうのではないかと心配です。落ち着いてブレイズの活躍を見たいものです。

 

 

S.H.Figuarts 仮面ライダーエスパーダ ランプドアランジーナ

 

賢人の復帰はうれしいけど、やっぱりエスパーダに変身して欲しい(*´▽`*)

hana5ing.com