しゅふときどきプチオタ

子育てベースでときどきプチオタネタを投入します。

セイバー第19章 私的感想

仮面ライダーセイバー第19章「炎と光、剣と剣。」の私的感想です。

ユーリからの情報

敵はメギドだけではない

ユーリが「敵はメギドだけではない」と言っていました。
他の敵とはソードオブロゴス。

飛羽真の聖剣とライドブックをサウザンベースが回収しているのはなぜか。
どうやら全知全能の書は聖剣で開くようです。

サウザンベースに集めてるってこと!
ソードオブロゴスが大いなる力を手にしようと画策してる!

絶対サウザンベースがボスじゃん。
いるよ、真の敵が!!

 

ルナちゃんの存在

ルナちゃんのことは、ユーリも知りませんでした。

でも、はるか昔にワンダーワールドと世界をつなげた女性がいたといいます。
その女性とルナちゃんは同一人物なのか?と思いましたが、違うかな。

ルナちゃんに選ばれたなら飛羽真が力を手にする資格があるとユーリが言っていました。大いなる力を手にする人間は本が選ぶという感じでしょうか。

カリバーが力を求めていたので、「大いなる力」はイコール悪と思っていましたが、どうやら手にした人の使い方次第のようですね。

 

編集長の記憶

編集長に呼び出された芽依ちゃん。

編集長は、救出されたときに「ここどこ?」と言っていたので記憶がないのかなと思いまし得たが、メギドになった記憶…ガンガンありましたね。

何か知らない?と芽依ちゃんに迫る編集長の迫力がすごかったです。
でも、それらの記憶は全てユーリに消されてしまいました。

光の剣は…なんでもありだな。

 

メギド量産計画?

前回、イェティメギドの本完成直後に本を破壊されてしまったので、レジエルはやっぱり怒っていました。

ズオスに馬鹿にされてるかなと思いまし得たが、ズオスは「他に作ればよくね?」と余裕でしたね。意外。

人間に入れてメギドが作れるあの本…あれどこから出てきてるのでしょうか。
手あたり次第本をぶっこんでメギド作っているようです。

怖いですが、やはり不気味さはストリウスが一番…
気味が悪い。

生ストリウスに遭遇した少年に同情します(+_+)

 

大人剣士の話し合い

サウザンベースにいる元ノーザンベースチームはバラバラです。

飛羽真に裏切り行為はないものの、倫太郎は気持ちが揺らいでいて、蓮くんは賢人くんの敵を信じる飛羽真が信じられません。

尾上さんと大秦寺さんが2人で話し合い、大秦寺さんが剣を交えることになります。

大秦寺さん、剣の声が聞こえるからね…
「刀鍛冶の血が騒ぐ」と言われてました。

大人チーム素敵でしたね。頼りになりますね。

飛羽真のライドブックと聖剣を回収するのは管理のためだと尾上さんと大秦寺さんは言っていましたが、ユーリの話では違いました。大人チームは勘が鋭いですね。

大秦寺さんが戦いに向かい、倫太郎と蓮くんのお世話は尾上さんになりました。
お父さん急に転勤になっちゃったけど…そらくん元気にしてるかな。

 

王様メギド

強引にメギドにされる

今回、ストリウスのターゲットになってしまったのは高校生の慎吾くん。

飛羽真がお店のジオラマの紹介をしている雑誌を見ながら模型作ってたのに、強引に本を入れられてしまいました…怖いぃ。

慎吾くんは飛羽真のお店を訪れて、ジオラマを前に楽しそうに話しますが、慎吾くんは突然苦しみ始めます。

慎吾くんを追いかけた飛羽真は慎吾くんがメギドになるところを目撃するのでした。

あんな夜中に突然部屋に誰かいると思ったら変な本身体に入れられて、怪人にされてしまうなんて…あぁ仮面ライダーだなぁと思いました(笑)。

 

スラッシュの剣技を採用?

セイバーはメギドになった慎吾くんを助けようとしますが、ユーリは漫画に夢中。漫画がひと段落してユーリが参戦するも、ストリウスに邪魔されてしまいます。

ユーリは芽依ちゃんのスマホに興味を持ったときもこっそり拝借したり、会議室で執拗にポットを見ていたりと、興味があるものを発見すると夢中になって他が見えなくなってしまうようです。

すると、戦いの現場にスラッシュが現れ、最光に戦いを挑みます。

スラッシュは最光のパワーに圧倒されますが、最光はスラッシュの剣技に感心していました。早速太刀筋確認して採用していましたね(*´▽`*)

 

色々わかったスラッシュ

スラッシュはストリウスにソフィアさんの行方を聞くも、ストリウスはソフィアさんがいなくなったことすら知りませんでした。

玲花さんの言うことがウソだとわかってしまいました。

一方、ストリウスにソフィアさんいないことがバレてしまいましたが、これは大丈夫なのでしょうか。

セイバーは最光で王様メギドから慎吾くんを分離しようとしますが、スラッシュはメギドを攻撃します。

「そのメギドは高校生」という言葉を半信半疑で聞いていたスラッシュでしたが、メギドの中から助けを求める声が聞こえてきたことで、ようやくメギドが人間であると理解できたようでした。

 

セイバーVSスラッシュ

メギドが逃走したあと、スラッシュはセイバーに「思いを剣で示せ」と一騎打ちを挑みます。最光が止めようとしますが、セイバーは申し出を受けます。

最初から既に3冊。必殺技も出し、キングアーサーもドラゴニックナイトも使いましたが、スラッシュにかわされてしまいます。

飛羽真はヘトヘトになってしまいますが、芽依ちゃんの本が光り、メギドが現れたことを知るとすぐに現場へ向かいました。

最後に大秦寺さんがつぶやいた「お前の剣からは何も響いて来ない…」という言葉。いろんな意味で取れるので、どういう意味なのかちょっとまだわかりません。

 

サウザンベースが言うことにウソが含まれていると知った大秦寺さん。

剣士のみんなに伝えるのか?サウザンベースに言うのか?
これからどう動くのでしょうか。

玲花さんは、また誰かに電話していました。今のところ玲花さんの上司的な人がいるようですが、ヨドンナ的な展開も…あり?

また、今回は倫太郎の出番がありませんでしたが、「他の剣士に協力してもらえばいい」という部分を「倫太郎たち」と言った芽依ちゃんにきゅんでした(笑)。

次回も楽しみです。