しゅふときどきプチオタ

子育てベースでときどきプチオタネタを投入します。

社会1年目のバレンタインの洗礼?

今週のお題「チョコレート」

 

ゴディバってありますよね。
あのチョコの…

バレンタインの時期になると思い出します。

 

社会人1年目のバレンタイン。
勤務先の職場は女性が多く、私の上司も女性でした。

日ごろのお礼も兼ねて先輩にちょっと高いチョコをあげたいなと思い、ゴディバのチョコを買いました。

田舎出の私はチョコの情報を持っておらず、高いチョコ、高級チョコといったらゴディバ一択でした。ゴディバしか知らなかったと言った方がいいかもしれません。

 

そしてバレンタインデーにゴディバのチョコを先輩に渡したのですが、期待した反応ではなく少し拍子抜けしてしまいました。

自分にとってゴディバのチョコを買うこと自体がとてもハードルが高いことだったので、渡したら絶対に喜んでもらえると思い込んでいました。

しかし、社内のバレンタインデーの様子を見てようやく状況を把握しました。

 

当時の職場のバレンタインデーは、ちょっとした祭りのようでした。

社会人1年目の私は、好きな人や友達と同じ部署内でチョコをやりとりする程度かなと思っていたので上司にしか渡さなかったのですが、諸先輩方は違いました。

同じ部署、社内の男性全員、男女問わず社内全員、他部署の上司、取引先…他、隣の席だからとか、通りかかったからなどいろんな方面にチョコが飛び交っていました。

 

私がゴディバのチョコを渡した上司もたくさんの人に配るタイプでした。

配る量が多いとその分お返しも多くなり、上司がもらっているお返しは大量で、机の上がお菓子でいっぱいでした。

その大量のお返しを確認しているときに聞いてしまったのです。
「私、ゴディバ苦手なんだよね~」という一言を。

上司の言葉は、私があげたチョコに対してではなくて、お返しの中にあった誰かからのお返しのゴディバに対して発せられたものでした。

元々渡す量も多かった上にお返しの量も多かったので、私からゴディバのチョコを受取ったことなんて忘れていたのだと思います。

でも、この一言を聞いたときはショックでしたし、苦手なチョコであることを知らずに渡してしまったことがすごく気まずかったです。

上司は気付いていませんでしたが、私にとってこの経験は社会人1年目で受けたバレンタインの洗礼でした。

 

そしてその後の付き合いの中で、ゴディバが苦手だと言っていた私の上司は、食の好みが偏っているとわかりました。

チョコも例外ではなく、好きなチョコしか食べない(食べられない)という情報を入手します。

上司はチョコはガーナの赤という決まりを持っていました(笑)。

私は「上司は自分よりお給料をもらっているだろうから、ちょっと高いチョコをあげたら喜ぶだろう」という考えがとても短絡的だったと反省し、ちゃんと贈る相手の好みをリサーチしなければならないと学びました。

社会人2年目のバレンタインデーからは、上司に渡すチョコはガーナの板チョコです。

バレンタインに上司に渡すチョコが板チョコというのは失礼だと思われそうですが、上司の一番好きなチョコだったのでとても喜ばれました。

大量にお返しをもらうものの、あれもこれも食べられないと言っている中で、私が渡した板チョコは「ガーナ最高」と言いながら食べてくれていました。

 

人の好みはそれぞれ違います。贈り物は先入観で選んではいけない。
チョコ1つでも贈り物は相手のことを考えるべし。

色々と学ぶことの多い社会人1年目のバレンタインでした。

 

 

そんな私のちょっとした思い出のゴディバをローソンで目にしたので買ってしまいました。

f:id:hana5ing:20210218115510j:plain

 

今は渡す相手ももらう相手もいないので、ただ自分で自分に与えるのみです。 

f:id:hana5ing:20210218115811j:plain

おいしかったです(*´▽`*)