しゅふときどきプチオタ

子育てベースでときどきプチオタネタを投入します。

PTA役員は毎日学校に行くのか?

「役員は毎日学校に行く」という噂を聞いたことがあります。本当に毎日学校に行っているのでしょうか。

確かに、PTA役員の仕事一覧などを見るとたくさんあります。

しかし、PTA役員全体としてはそれなりに人数がいるので、分担すれば個人の仕事量は少なくなるはずです。

ではなぜそのような噂を聞くのでしょうか。

f:id:hana5ing:20210403183410j:plain

学校に行く回数が多くなる理由の考察

「役員は毎日学校に行く」という噂を聞くということは、この噂が本当かあるいは、それに近い状態にある役員がいる・いたということだと思います。

PTA役員の活動が毎日学校で行われるのか?

その可能性について、PTA本部の活動範囲などを知り、理由の1つではないかと思われることがありました。

 

PTAの仕組みと活動範囲

私は今までPTAは学校をサポートする組織で、PTAが独自にサポートする内容や人員配置などを考えて活動しているものだと思っていました。

しかし、どうやらPTAは独自で活動することよりも学校や他の組織・団体と連携して活動することが多いということがわかってきました。

例えば、学校のイベントをサポートする活動があるとします。

多くの場合、学校やPTAの他にこのイベントを共にサポートする組織団体やグループが存在します。

PTAは学校とこれらの組織団体をつなぐ役目も担っており、イベントのサポート活動もこれらの組織団体やグループと連携して行うことになります。

 

会議は連携するグループの数だけある?

1つのイベントをサポートする活動であっても、PTAと連携して活動する組織があり、その連携する組織・グループが複数ある場合もあります。

すると、単に「イベントの会議」と言っても1種類ではなく、連携する組織・グループとそれぞれ会議をすることになります。

例えば、連携する組織団体が2つあった場合、イベントの会議は2回あるということです。

また、学校との打ち合わせもありますし、PTA本部だけの会議もあります。さらにイベント手伝いの人や代表者との会議など、PTA役員としていくつもの会議に出席することになります。

 

つまり、連携する団体との会議が2回、学校との会議、手伝い担当の代表との会議、PTA本部の会議…というようにこれらが1日1回、1週間の間に行われた場合、週5回学校に行くことになります。 

ただ、ここまで会議が乱立することは少ないでしょうし、イベントも限られています。連携する組織団体が毎回複数あることもないので、稀な現象だと思います。

しかしながら、緊急性があれば急遽招集されることはあるだろうし、たまたま日程が被ってしまったりすると、立て続けに学校に行くことになる可能性はあるだろうなと考えています。

 

 

以上、実際の活動を前に「役員は毎日学校に行く」可能性について探ってみました。

年間を通して毎日行くということでなくても、少なくともイベントが多い時期など、時期によっては何度も学校に行くことになると思います。

さらにうちのPTA役員は担当する係を持っているのですが、かなり招集率の高い係に立候補してみましたので(笑)、週5ではなくても平均して週3以上は学校に行くことになるのではないかと見込んでいます。

実際にどうなのかは、今後の活動を通して確認したいと思います(・ω・)ノ