しゅふときどきプチオタ

子育てベースでときどきプチオタネタを投入します。

ミシン糸の50と60の違いって何?

ミシン糸に60とか50とか書いてありますよね。

f:id:hana5ing:20200620131057j:plain

この数字の違いはなんなのでしょうか。
全く意味がわからないので、裁縫に詳しい母に聞いてみました。

ミシン糸の50と60は何が違うのか?

糸の数字は 

数が小さいほど、太くなるそうです。

 

つまり、糸の太さを表す数字です。 
60より50の方が太い糸ということになります。

 

そんなこと言ったって、見た目変わらないし、どっちでもいいんじゃないの?と思いましたが、母からは「60番」をすすめられました。

 

裁縫に詳しい母いわく

購入するならシャッペスパンの60番だそうです。

 

「シャッペスパン」というのは、糸の種類のことだそうです。
※写真だと左のミシン糸に「シャッペ」と書いてあります。

 

「50と60の違いって何?」と気になってこのページに来てくださったあなた! 
ミシン糸はシャッペスパン60番を選びましょう。

それで間違いないです。

 

白は多めに用意しましょう。