しゅふときどきプチオタ

子育てベースでときどきプチオタネタを投入します。

息子のメガネデビュー

f:id:hana5ing:20210609114116j:plain
息子の就学時検診のとき、視力検査でAとBでした。

自分が小学生の頃は小学生はAが当たり前のような風潮だったので、息子もAだとばかり思っていたので驚きました。

このときは特に気にしていませんでしたが、入学してから行った視力検査で、息子は両目がC判でした。

眼科で検査して学校に提出することになったので、眼科で検査してもらうことにしました。

結果は、右がCで左がB判定。

視力の左右差が気になりますが、まだ授業に支障はないということで、黒板が見えなくなってきたりしたら、また検査に来るように言われました。

そして、2年生になって視力検査でAとBになりました。

よかった…回復したんだ…と思っていましたが、B判定でも学校に書類を提出することになったので、また眼科に行って検査してもらいました。

すると、両目がD判定でした。

先生からも「なんでAとBだったんだろうね…」と言われました。

 

D判定は教室で後ろの席になった場合、黒板の文字を読むことが大変になります(経験あり)。

そのため、息子は①先生に言ってずっと前の席にしてもらう、②メガネを作る…の2択から選ぶことになりました。

息子は突然メガネと言われて戸惑っていましたが、ずっと前の席は嫌だと言ってメガネを作ることを選択しました。

そして検査した当日にメガネ屋さんに行ってメガネを作りました。

見えないのは不便だと思うことも多いし、メガネを持ち歩くのも面倒だったり、視力は落ちたら良くならないので、テレビは離れて見るように言っていたし、ゲームもしていないし…それでもここまで視力が落ちてしまいました。

もしかしたら生まれた直後に浴びたカメラのフラッシュの影響で落ちたのかもしれないと人知れず落ち込んでいました。

でもメガネフレームをいくつも試着して楽しそうにしている様子や、特にメガネを着用することを嫌がっていない息子の様子を見て、少し気持ちを持ち直すことができました。

私は視力0.1以下ですが裸眼で生活しているので、ある意味息子の視界に近い状態かもしれません。

今後息子がやりたいことをしていくにあたり、多少なりとも視力やメガネがハンデになることはあると思います。

どこまでフォローできるのかわかりませんが、今後も見守っていきたいと思います。