しゅふときどきプチオタ

子育てベースでときどきプチオタネタを投入します。

自分が乗れる「本物の車」が作りたい息子

本物の車作っちゃうからね~(゚∀゚)

突然長男が言い出した。

なんだなんだ。
どういうことだ。

いつもなら、トミカ的な車を作るはず。
それなのに、本物の車とは…?

 

長男は、家にある段ボールを持ってきました。

我が家では、ミネラルウォーター2L×6本入りの箱を工作用に保管しています。
それを「本物の車」にするため、集めてきたようです。

そして、まず取り掛かったのは座席の作成。
段ボールの箱そのまま座席にするようです。

ちょっと…座席小さくね?

と思いましたが、長男は下の子に試乗させました。
すると、ジャストフィットぉぉぉぉぉーーー(゚∀゚)

下の子が箱に入れたというだけで、自分も入れないと思いますが、、、
これで座席として使えると決定したようです。

6個の箱を並べました。
まさかこれが座席(;゚Д゚)!!?

少しだけ、穴開けて窓を作ったりして、とりあえず完成しました。

「本物の車」っていうから、「乗って動く車」だと思った~。
座席があればOKだったんだね~(*´▽`*)

 

「人がたくさん乗れる車」っていうことだったのか~
なんて思って見ていると、下の子が後ろの席、長男は運転席に乗り込みました。

なんと、がんばって動かし始めました!

動かしてるっていうか…なにこれは...
タイヤないし…

そりに乗って、全然動かないときにやる感じ...
乗車してる2人で「動いてる?」「動いてるよ」って言い続けてた、、、

( ;∀;)

やっぱり「本物」って言ったらそうよね。
動かないとね・・・

 

どうやったら長男の言う「本物の車」が作れるのか。
普通の工作じゃ、きっと体重を支えきれないだろうなぁ。

と考えていたんのですが、そうこうしているうちに、長男はがんばっても走らない「本物の車」をあきらめ、次に作るネタに移行してしまいました(;゚Д゚)

私の悩んだ時間は…って感じです。

そんなわけで、とりあえず「本物の車」制作は中止になりました(*´▽`*)

 

「本物の車」をあきらめて違う題材に取り掛かりはじめた息子。
こちらは自力で作れそうなので見守ることにします。

子どもの展開って早いなぁ。