しゅふときどきプチオタ

子育てベースでときどきプチオタネタを投入します。

子どもの耳掃除

耳垢のタイプはカサカサタイプと湿っぽいタイプの2種類がありますが、我が家の子どもらは、上の子がカサカサタイプで下の子は湿っぽいタイプです。

兄弟でも分かれるものなんですね。
そんな子どもらの耳掃除事情です。

f:id:hana5ing:20201030115734j:plain

子どもの耳掃除事情

カサカサタイプの耳掃除

上の子はカサカサなのですが、カサカサ度合が激しいです。
耳垢が固くて自宅での耳かきは痛がります。

上の子の耳掃除は、耳鼻科でお願いしています

耳鼻科で耳掃除してもらえるんですよ!知っていましたか!?
私は子どもが生まれてから知りました(*´Д`)

耳垢が固いため、耳鼻科で掃除してもらっても痛いようで、本人も行きたがりません。

それに、わざわざ耳鼻科に行かないといけないということもあって、頻繁に行くわけではありません。本人が気になったら行く感じです。

 

耳鼻科での耳掃除は大体1度で終わりますが、以前1度では掃除しきれないときがありました。

そのときは、耳垢をやわらかくする点耳薬を1週間使ってから再度診察してもらいました。どんだけ固まってるんだよと驚いたものです。

そんなわけで、耳垢が固くて自宅での耳掃除を嫌がる場合は、耳鼻科にお任せすると安心です。必要以上に耳かきしないで済みますし(´▽`*)

 

湿っぽいタイプの耳掃除

下の子は湿っぽい耳垢です。
耳掃除を痛がらないので自宅で耳掃除しています。

耳垢の事情なのかわかりませんが、下の子は耳掃除を頼まれることが多いので、耳鼻科で掃除している上の子に比べ、回数が多いです。

正直あんまり耳掃除やりたくないのですが、気持ちもわかるので、適度に耳掃除しています…まぁ適度に。

でも、耳かきの程度ってよくわからないです。
子どもの耳に綿棒を入れると、どこまでも入ってしまう気がして怖い(笑)。

それに、下の子は乳児の頃に中耳炎をやっているので、また中耳炎になったら…なんて不安もあり、なんだかんだ下の子も1年に1度くらいは耳鼻科で診てもらうようにしています。その方が安心できます。

困ったとき、不安なときは耳鼻科で掃除してもらうのが良いと思います。