しゅふときどきプチオタ

子育てベースでときどきプチオタネタを投入します。

新たなカラス対策とその後

ゴミ置き場のカラス対策として、ネットを2重にするという対策を考え、近所の人に周知しました。

これでカラス対策は万全のはずでしたが、燃えるゴミの日、近所の人から「ゴミが荒らされていました」という連絡がありました。

こうしてネットを2重にするという方法は、カラスに破れたのでした。

f:id:hana5ing:20201008112218p:plain

新たなカラス対策を思案

ゴミのチラシを配布したため、近所の方がカラス対策の案を出してくれました。
その案がこちらです。

ネットを広げる

うちのゴミ置き場は、形がいびつなために、ネットの隙間ができやすいです。
カラスもそのネットの隙間からゴミを引っ張っているのを何人も見ていました。

そこで、隙間ができないように、ネットを大きく広げて設置するという案をもらいました。

既に設置して固定されているネットの他に、2重にして使っていた予備のネットがあるため、つなげるとどうなるか?を試してみましたが、大きさが違うためうまくいきませんでした。

同じ大きさのネットがあれば可能ですが、すぐに対策したいので、この方法はひとまず保留としました。

 

ブロックや木材で枠を作る

ネットの隙間を埋めるためにブロックで新たにゴミを置くスペースを作ったり、木材で隙間を埋めたりする方法も提案してもらいました。

これは、設置できれば強力なカラス対策になることは間違いありません。

しかし、これはお金がかかることと、誰が施工するのか?という問題がありました。

そして、ブロックや木材が破損した場合の修理は誰がやるのかという問題も出てきてしまい、この案は断念しました。

 

フックでネットを固定する

カラスは隙間を狙って荒しているから、隙間を作らないようにしようと考え、フックで固定したらどうか?という案が出ました。

フックも新たに購入するためお金がかかる方法ですが、ブロックなどに比べたら低予算で済みます。

また、フックを使った対策でもゴミが荒らされてしまった場合、取り外しができます。
早速、近所の方に協力してもらい、フックを取り付けました。

 

フックでネットを固定する対策

フック対策の効果

近所の方と試行錯誤して考えた対策でしたが、フックを取り付けたあとも、カラスにゴミを荒らされました。

なぜフックの対策が有効ではなかったのかというと、ゴミを出した後にフックをしっかり留めていないことが多いからでした。

ネットを2重にしてもらうためのチラシは作りましたが、今回のフックは特に近所の人に周知しているわけではありませんでした。

それでも、見ればわかるような状態だったのでフックで留めるんだということはわかってもらえたようでしたが、フックを留めることがおろそかになる確率が高かったです。

フックをしっかり留めれば、ネットの隙間ができなくなり、有効なカラス対策となるはずでしたが、フックが留まっていなければ意味がありませんでした。

 

フック対策の問題点

取り付けたフックは試しに取り付けたものだったので、屋外用のフックではありませんでした。

そのため、数日でフックにサビが発生し、サビの影響でフックの取り付け部分の力が弱くなり、気付くと外れてしまっているフックが増えてきました。

また、近所の方から、フックがゴミ置き場の反対側に落ちていたという話を聞きました。

おそらくゴミ収集の際にフックごとネットをめくりあげられて、その勢いでフックが飛ばされてしまっていると考えられました。

フックが飛ばされているだけならまだ良かったのですが、フックが落ちていた場所というのが、ご近所の方の駐車場でした。

車が駐車されていたら車の上に落ちているということです。

これは一大事でした。
フックは、早急に使用を中止することになりました。

 

ネットを広げる対策の応用

さらに新たな対策を考える

うまく使えれば有効なカラス対策になるはずのフックでしたが、問題点の方が多くなったため撤去することになりました。

カラス対策は振り出しに戻ってしまいました。
しかし、何も対策をしないとゴミが散乱するばかりです。

早急に何か対策を考える必要がありました。

 

大きめのネットを追加で設置する

そこで、近所の人から提案された案の中から「ネットを広げる」という案に着目しました。

これは、既に設置されているネットにさらにネットを繋げるという案でした。
しかし、つなげてしまうとサイズが合わない、ゴミが出しづらいなどの問題点があり、却下されました。

この方法を応用し、新たにネットを既存のネットの上から追加するという方法を考えました。

ゴミ出しが極力不便にならずにネットの隙間をできるだけ作らないようなネットの対策を考えると、この方法が一番最適だと思いました。

しかも、この対策によって「ネットを2重にする」という対策もまかなうことができます。

以前、結局はカラスにゴミを荒らされてしまった「ネットを2重にする」対策ですが、1重よりは2重の方が良いということがわかっています。

早速、新たにネットを用意して設置しました。
とりあえずはこの対策しか考えつかないため、このまま見守ることになりました。

 

屋外用の結束バンドが便利で丈夫です。

 

カラス対策を考えた感想

ゴミが荒される現状を周知できた

ちょうど自分がゴミ当番のときにカラスのゴミ荒しが激しかったこと、自治会の班長であることも重なって、カラス対策を試してみました。

当初は自分の考えた対策を自分だけで試していましたが、思いがけず近所の方から共感してもらったり、賛同してもらったりして、自治会の班全体で考えるようになりました。

ゴミが荒された状況に遭遇したことがない人もいたので、ゴミの出し方のチラシを配布して、班全体に「ゴミがカラスに荒らされいる」ことを周知できたことはとても大きかったと思います。

 

実はゴミを出す人の問題?

カラス対策を考えるとともに、ゴミ置き場の様子を見てきました。

すると、カラス対策云々以前にゴミの袋をしっかり結んでいないためにゴミがこぼれていたり、ゴミ袋の置き方やネットのかぶせ方が雑なために隙間ができていたりする状況をよく見ました。

カラスは隙間やこぼれた部分からゴミを引っ張り出して荒らしていました。

カラス対策以前に個々人に「ゴミの出し方」について徹底してもらう必要があるなと思うようになりました。

チラシを配布して個別にお願いをした際、近所の方はとても協力的でした。
変な嫌味を言われることもありませんでした。本当、ありがたかったです。

でも、直接話した人、カラスにゴミを荒されることを懸念している人が毎回ゴミを出すとは限らないということに気づきました。

最終的には「実際にゴミを出す人」がカラスに荒されないようなゴミの出し方をしているか?の問題になってしまったことで、行き詰った感は否めません。

 

ゴミ箱を設置するという対策について

ご近所の皆さまからご意見を伺いながら行ってきたカラス対策は、チラシを配布したこともあって多数の意見をもらいました。

そして、近所の方の多くが「ゴミ箱を設置すればいい」という意見を持っていました。

しかし、最終的にこの方法について考えることはありませんでした。
なぜなら、避けては通れない料金徴収という問題があるからです。

 

実際に行ったフックの対策で使ったフックも料金がかかっています。
しかし、最終的に撤去したため近所の方からは徴収しませんでした。

近所の方から徴収しないため、結局は自己負担です。

フック程度なら自己負担でも許容できますが、ゴミ箱を購入するとなると自己負担は勘弁して欲しいです。近所の方から徴収するとしてもゴミ箱が高ければ徴収する代金も大きくなります。

近所の方から「ゴミ箱を買った方が良い」「買っちゃいなよ」と言われる度に、「どれにするの?」「購入金額はどれくらいで?」「購入後の責任は?」と考えてしまいました。

購入者は班長である私になって、購入後の責任も購入者になるでしょう。
そして、代金の徴収も私がやることになります。

正直、それは耐えられませんでした(笑)。

 

それから、意見を聞く中で近所の方の考えている「ゴミ箱」の大きさやサイズ、想定している代金が各自異なっていることも気になりました。

「ゴミ箱なら1万円くらいで買えますよ」という人もいれば、「5万円くらいのやつを買った方がいいのでは」という人もいました。

ゴミ箱のタイプについても、「折りたたみ式なら場所を取らないし便利」という人もいれば、「しっかりしたゴミ箱を置かないとカラス対策にならない」という人もいました。

自論では、うちの自治会のゴミ置き場にカラス対策としてゴミ箱を設置するならば、予算10万円以上の大きくてしっかりしたゴミ箱を購入する必要があります。

カラスの荒らし方から見て、おそらく折り畳み式のゴミ箱ではカラス対策として不十分です。

「ゴミ箱を買ってもいい」と思っているものの「金額を支払うこと」については消極的な人もいて、現実的に必要なゴミ箱のサイズや代金と実際に払っても良い額に違いがあるのは難点でした。

カラス対策について近所の方が色々と考えて意見を出してくれることはとてもありがたいことでしたが、意見の収集がつかなくなってきてしまい、結局ネットを上から追加する程度の対策で終えることになりました。

 

今後のカラス対策

試行錯誤してきたカラス対策ですが、そうこうしているうちに夏になり、カラスが来なくなりました。

カラスが来なくなったのでゴミを荒らされることもなくなり、カラス対策を試すことはなくなりました。

でも来年になればまたカラスが来てゴミを荒らすと思います。

ネットを追加して以降、新たに考えたカラス対策があるので、道具などが揃ったら試してみるかもしれません。来年の班長さんがゴミ箱を買うかもしれないのでまだ未定ですが。

カラスとの戦いは続きそうです。