しゅふときどきプチオタ

子育てベースでときどきプチオタネタを投入します。

ゴミ置き場のカラス対策を考えた②

ゴミ置き場のネットを2重にしてカラス対策は、おおよそ成功していると思われましたが、次第に効果が薄れてきました。

ネットを2重にする対策に次ぐ対策を考えなければなりません。

 

f:id:hana5ing:20210428110144j:plain

新たなカラス対策を考える

カラス対策で「ネットを2重にしてください」というチラシを作成し、近所の方に配布したことで、思わぬ成果がありました。

ゴミ置き場から遠い立地だったり、早い時間にゴミを出す家庭の方は、カラスに荒されていることを知らない方がいました。

今回チラシを配布したことで、「カラスがゴミを荒している」ということを知ってもらうことができ、近所の方からカラス対策の案を頂くことができました。

主にこのような案です。

  1. ネットを大きくする
  2. ブロックや木材で枠を作る
  3. フックでネットの隙間をうめる

早く次の対策を考えないとまたカラスに荒されてしまいます。とりあえずこの中から考えてみることにしました。

 

ネットを大きくする対策はどうか?

うちのゴミ置き場は、いびつでネットの隙間ができやすい形状となっており、隙間からカラスがゴミを取り出すところをよく目撃されていました。

カラス対策としては、隙間を埋めることが重要です。

そこで、隙間ができないくらい大きいネットをつけたらどうかという案をもらいました。

 

この方法は予備のネットで試してみました。

しかし、ネットが大きすぎると道路にはみ出てしまったり、隣家の敷地にネットが入ってしまうことが考えられました。

また、ネットが大きすぎるとネットの扱いも難しく、ゴミ出しが雑になる可能性が考えられたため断念しました。

 

ブロックや木材で枠を作るのはどうか?

ブロックや木材でゴミ置き場を拡充するのはどうかという案をもらいました。

元々ある形がいびつなので、ブロックや木材でしっかりとして枠を作ることで、隙間ができなくなると考えられました。そうなれば、カラス対策としては万全です。

しかし、実際に作ろう!となったときに誰がやるのか?ということが問題になりました。

さらに、ブロックや木材などの材料を用意する費用が必要になります。また破損したり、管理するのは誰なのか?となった場合、正直自分には難しいと思い断念することになりました。

 

フックでネットを固定するのはどうか?

ネットをフックにひっかけて、隙間を埋める案です。

フックを購入する費用はかかりますが、ブロックや木材に比べたら低予算で済みますし、だめだった場合にすぐ取り外すことができます。

この方法ならばすぐにできそうなので、この方法を試してみることにしました。

 

新たなカラス対策①フックを使う

フック対策を試す

最初は貼りつけるタイプのフックを使い、引っかける場所を変更できた方がいいのではないか?という意見から磁石タイプに変更して使うことになりました。

フックにネットを引っかけることで、ネットの隙間をしっかり埋めることができました。

これでカラス対策になるはずでしたが…

 

フック対策の問題点

錆びてしまう

低予算で済ませるために急遽用意した磁石のフックだったため、使用しているうちに錆びてきてしまいました。

屋外用でしっかり準備すればこの問題は解決できますが、この対策が有効かどうかわからないうちに予算をかけることに抵抗があり、このような結果になりました。

錆びてくると磁石の力も弱まってしまい、せっかく隙間が埋まる場所で使っていても徐々に移動してきて隙間が出来てしまうことがありました。

 

フックが外れてしまう

磁石タイプのフックは移動ができて便利でしたが、一方で外れてしまうというデメリットがありました。

普通にネットを引っかけるだけならいいですが、ゴミ収集のときは作業員さんも急いでいるので、お構いなしに引っ張っていると思われ、結果磁石のフックがどこかに飛んで行ってしまっていました。

磁石が飛んでそれによる破損などがおきたら大問題です。せっかくの対策でしたが、大急ぎで取り外すことにしました。

 

結局荒らされてた

フックを取り付けたときは、その場にいた人みんなが「これならいける!」と思いました。現に数回は荒されることを防げたのではないかと見られています。

しかし、フックが錆びていない状態のときでも荒らされることがありました。

「これならいける!」と思われた対策なのになぜまた荒されてしまったのか。それはゴミを出した後にフックをしっかり留めていなかったからでした。

せっかくあるフックも使われていなければ隙間が埋められません。フックが使われないまま放置されていたり、落ちていたりしているのを見たときは切なくなりました。

 

 

新たなカラス対策②ネットを追加

うまくいきそうなフック対策でしたが、問題が発生して急遽取り外すことになりました。

もう対策案が思いつきませんでしたが、うちの自治体はサイズの違うネットを申請すれば用意してもらえます。

何の対策にもならないかもしれませんが、とりあえず今のネットの上から設置することにしました。

 

カラス対策を考えた感想【まとめ】

思わぬ成果

苦し紛れにネットを追加した後、季節が変わってカラスが来なくなりました。

あまりにひどいカラスのゴミ荒らしを目撃し、その時期にちょうどゴミ当番でかつ自治会の班長であることから、色々とカラス対策を試してみることになりました。

当初はCDぶら下げたり、自分で考えてたことを勝手に試している程度でしたが、チラシを配布したことで、近所の方にゴミが荒されている現状を周知でき、たくさんの意見を頂くことができました。

カラス対策としての成果は出せませんでしたが、知ってもらうという点では成果があったのではないかと思います。

 

最終的な行き詰まり

これまで、さまざまなカラス対策を考えてためしてきましたが、最終的には「実際にゴミを出す人がカラスに荒されないようなゴミの出し方をしているかという問題になる」というところで行き詰ってしまった感があります。

チラシを配布して説明を聞いてくれたのは、多くが奥様でしたが、ゴミ出しをするのはご主人やお子様という家庭も多くあります。我が家もチラシ作成は私でしたが、ゴミ出しは主人の担当でした。

ゴミ置き場が荒されていることやゴミの出し方などを知っている人が必ずしも「実際にゴミを出す人」とは限りません。

この「実際にゴミを出す人」に知ってもらうことが一番重要でしたが、ここまでは行きつかなかったなと実感しています。

 

ゴミ箱を購入する問題

近所の方からカラス対策についてたくさんの意見をもらいましたが、中でも最も多かった意見が「ゴミ箱を設置すればいい」という意見でした。

正直、この意見はほぼ全員から言われました。

だったら、買ってしまったらいいのにと思いますが、ゴミ箱を設置するには避けては通れない料金徴収という問題があります。

 

これがどうしても嫌で、ゴミ箱を購入する対策は実行できませんでした。 

実際に行ったフックの対策で使ったフックも料金がかかっていますが、最終的に撤去したため近所の方からは徴収しませんでした。

近所の方から徴収しないため、結局は自己負担です。

フック程度なら自己負担でも許容できますが、ゴミ箱を購入するとなると金額はもっと大きいです。自己負担は勘弁です。

ならば、しっかり分割して徴収すれば…となりますが、難しいことにほぼ全員が「ゴミ箱を買ってもいい」と思っているのですが、どのくらいのサイズでどのくらいの金額なのかという点では意見が違いました。

1万円程度の折り畳み式の簡単に設置できるゴミ箱を想像している人もいれば、アパートなどに設置されている10万円以上するような丈夫なものを考えている人もいました。

実際にゴミ箱を購入するとなれば、これらの意見の違いをまとめて、かつ金額も全員が納得できるものにしなければなりません。

そして、購入は誰がするのか?購入後は誰が管理するのか?となったら、おそらく班長である自分がやらなけれなならなくなります。

正直、そこまで責任取れないし、面倒だと思ってしまい、「ゴミ箱買っちゃいなよ」と言われるたびに「他人事みたいに言うなぁ」と思っていました(笑)。ごめんなさい。

カラス対策について近所の方が色々と考えて意見を出してくれることはとてもありがたいことでしたが、たくさん意見をもらうことで収集がつかなくなってきてしまい、結局ネットを上から追加する程度の対策で終えることになりました。

カラス対策としては道半ばでしたが、これが自分の限界かなと思います。

今後カラスにゴミを荒されたのを目撃されたら、粛々と掃除して、対策の実行は次回以降の班長さんにお任せしようと思います。

 

ゴミ収集車と作業員さん。いつもありがとうございます。