しゅふときどきプチオタ

子育てベースでときどきプチオタネタを投入します。

歯を作るにはお金がかかる…

コロナの自粛期間中は、歯科検診も自粛。
しかし、歯に異常があれば行かなければなりません。

f:id:hana5ing:20201005155233j:plain

ねんど130さんによる写真ACからの写真

歯の異変を察知

ある日、歯間ブラシを使って歯磨きをしていた時、歯に違和感がありました。
食べかすだと思って取ろうとしましたが取れません。

ん?これはなんだろう。
もし…詰め物が取れたのでは…

まずい。早く歯医者に行かなきゃならない案件です。
しかし、コロナで自粛中。子どもは在宅。

かなり行くのを悩みましたが、長年の経験から放置はまずいと思い、歯医者さんに行くことにしました。

私のようにこの時期に歯に不具合が出た人間にとって、歯医者さんがやっていてくれることは、本当にありがたいです。

 

歯の治療開始

異変のあった歯の状況

気になる歯を診てもらったところ、問題になったのはセラミックの歯でした。
治療してセラミックの歯がかぶせてある歯です。

なんとそのセラミックの歯の土台が見えてるとのことでした。
土台って見えてくるもんなの?

今回治療することになった歯の部分は、元々三角に歯が3本並んでいました。
セラミックは、この三角の状態のときに治療したものです。

歯並びが悪い箇所だったので、何かの拍子でセラミックが欠けたのではないか?と言われましたが、正確な原因はわからないとのことでした。

 

治療期間が気になる

かぶせてあるセラミックが欠けてしまっているので、セラミックを作り直すことになりました。

大がかりな治療になりそうなので、また3ヶ月くらい通うのかな…と思っていましたが、先生に聞いてみると1ヶ月くらいで完了するよと言われました。

思ったよりも早く完了するようで安心しましたが、本当に気にしなければならなかったのは治療期間ではなく、代金の方だったと後で気付きました。

 

治療開始

いよいよ治療がはじまりました。

初回はセラミックをはずして消毒、2回目でセラミックの内部に虫歯があるか確認してもらいました。なんとか、セラミックの内部は虫歯にならずに済んでいました。

3回目は歯型を取る予定でしたが、歯茎が腫れているため延期になりました。
そして、突然先生から言われたのが代金の話です。

 

歯をつくるにはお金がかかる

突然の保険外治療宣告

突然はじまった「歯をつくる金額」の話。

いや…先生、知ってるだろうと思っていたかもしれないけどね。
知りませんでしたよ、また保険外治療になるなんてさ。

内心すごーくすごーく驚いて、また保険外治療なんですか!?ってところから聞き返したくなる気分でした。

しかし、欠けてしまった歯の状態で放っておくわけにもいかないし、今の仮歯の状態で過ごすわけにもいきません。

ものすごく動揺しましたが、気持ちを押さえて、努めて冷静に先生の話を聞くことにしました。

 

新しい歯の代金と素材選び

「どの金額の歯にしますか?」って提示された歯は、当然ながら高いものばかりでした。

先生から提案された歯とおおよその料金がこちらです。

これは一例です。歯医者さんによって違いますので、詳しくは、かかりつけの歯医者さんにご確認くださいね。

  1. 100%セラミック⇒金額10万
  2. セラミックとプラスチックの混合⇒金額6万
  3. 100%プラスチック(この治療は保険適用)⇒金額1万。

先生が「もう少し前に説明すればよかったですね」と言ってました。
ほんっっと!もっと早く教えて~( ;∀;)!!

 

しかし、この中から選ばなけれななりません。

プラスチックかセラミックか選ぶなら絶対セラミック。
セラミックは変色しないし、強度もあります。でも10万円です。

保険適用の歯もありますが、プラスチックでは強度に不安があります。
何せ、セラミックで欠けてしまっている場所ですからね。

結局、先生のおすすめもあり、中間の6万円の歯にすることにしました。

次回歯の型取りをして装着します。
代金は、次回支払いです…この突然の出費は痛い…

 

進化した保険外治療の歯

実は、保険外治療で歯を装着するのは2度目の体験です。
当時提案された保険適用の歯は銀歯でした。

今回提案された保険適用の歯はプラスチック100%の白い歯です。

白い歯が保険適用されるのはいいですよね。
銀歯を避けられます。

 

しかし、これで私は重大なことに気付いてしまいました。
前回、保険外治療した歯というのは、まさに今治療している歯なのです。

前回の歯の代金は8万円。かなり前の治療ですが忘れられない価格です。

8万円支払って装着した歯が欠けてしまい、6万円で作り直してる今の状況。
1つの歯に14万円かかっていることになります。

私の歯はどうなっているのでしょうか…

 

理由を無理やり考えてみると、8万円の歯を装着した当時は、歯がまだ三角に生えていた状態で歯並びが悪い状態でしたので、じわじわと負担がかかっていったのかもしれません。

しかし三角になっていた部分は、邪魔になっていた部分の歯を一昨年抜いて、並びはキレイになりました。

今の6万円の治療は、並びがキレイになった状態で装着するので、以前よりは負担が少ないと思います。

今度はできるだけ長持ちしてもらうことを願うばかりです。