しゅふときどきプチオタ

子育てベースでときどきプチオタネタを投入します。

子どもの言い間違い「ばつまるく」の正体

読書の秋、スポーツの秋…と小学校はイベント盛りだくさんの秋です。

しかし今年もまたまだコロナ禍。加えて緊急事態宣言が出たことでイベントが変更になっています。

学校で行われる秋のイベントの代表格といえば運動会です。

f:id:hana5ing:20210913122404p:plain

コロナの影響で元々例年通りのプログラムから大幅に変更短縮されて行う予定ではいましたが、緊急事態宣言が出されたため保護者の観覧も不可となりました。

私個人としては運動会は苦手なので観覧しなくて良いのはラッキーなのですが、子どもに聞くと見に来て欲しかったというのでそれは内緒にしておきます。

変更はされていますが運動会が中止になるわけではありません。種目を絞って子どもたちの発表の場として確保するようです。

そのため、子どもらは短縮版とはいえ運動会に向けて練習しているようです。かけっこの練習もその1つです。

息子は走るのが好きで、いつも1位を目指して頑張っているようです。

「〇組の〇〇くんが速いから~」とか「〇〇くんが速いんだよ!」とよくかけっこの話を聞きます。七夕の短冊にも足が速くなりたいとか書いてたな…

そして先日、ついに2位になったそうです。

かけっこの話はよく聞いていましたが、順位を聞いたのははじめてだったので、2位は自分の中の最高順位だったのでしょう。

子どもと一緒に喜びましたが、息子曰く2位になれたのは足が速いAくんがお休みだったからだそうです。

「Aくんがばつまるくだったからさ…」

f:id:hana5ing:20210913122059p:plain

ん??ばつまるくとは??

言葉の意味はわかりませんが、お休みの子がいて×と〇…なわけだから、学校用語(もしくはクラス用語)なのかなと理解して流しました。

息子はAくんとは仲が良く、その後も「Aくん大丈夫かな…」と気にしていていました。話を聞くと、Aくんは足を怪我していたため走れなかったようです。

「Aくん足を怪我してるんだね。」と言うと、息子は「そうだよ。ばつまるくだから。」と言って、Aくんの状態を示すジェスチャーをしました。

f:id:hana5ing:20210913122707p:plain

息子よ…
それは松葉杖だ…

 

「まつばづえね!」と息子に教えると、「そうそう!まつばづえ!」と思い出したかのように言っていました。

爆笑するのを堪えるのがとても大変でした。

言葉の並びは全く合っていませんが、息子の中では同じリズムだったのかもしれません。

子どもならではの言葉の聞き間違いは、とても面白いですね(面白いと言ったら怒られるかもしれないけど)。松葉杖のAくんが早く復帰できますように。